TOP

先日、クレジットカードの現金化に助けてもらいました。知ってて良かった。

キャッシングの方がいいんじゃないの?

クレジットカード現金化よりもキャッシングの方が便利なのではないかと思っている人、とても多いようです。確かにこれは一理あります。クレジットカード現金化よりもキャッシングの方が楽なのは事実ですが、クレジットカード現金化のメリットは現金を手に出来る点よりもキャッシングが既に出来ない人でも出来る点にあります。例えばですが総量規制のおかげでキャッシングが出来ない。このような場合、「キャッシングの方が便利」と言われても総量規制に抵触しますので現金が手に入りません。ですがクレジットカード現金化であればキャッシング枠の事情に関わらず、現金を手に出来るようになります。この点こそ最大のメリットなのです。キャッシング枠に左右されずに現金を手に出来る。これこそがクレジットカード現金化のメリットであり、現金を手に出来るという点からしばしキャッシングと同列で語る人もいるのですが、方向性がまったく異なるサービスなのです。

現金化は失敗しないのか

クレジットカード現金化には興味があるものの、失敗してしまうのではないかと恐れてなかなか一歩を踏み出せない人もいるようです。確かに、クレジットカード現金化はグレーゾーンと呼ばれている物ですので、失敗するリスクもつきまとうかもしれません。ですが実際にはそもそもクレジットカード現金化はショッピング枠で購入した物を売るだけで、失敗する方が難しいと言っても過言ではありません。ましてや近年はインターネットやアプリで物を売却出来る所やサービスが多数あるのです。かつてであれば自分の足で探さなけれならなかったようなことも、近年では手元のスマートフォンの操作だけで完結出来るのです。これらを考えると、クレジットカード現金化の失敗リスクはほとんどありません。そもそも、売却に関しても自分が納得出来ないのであれば了承しなければ良いのです。慣れている人は、むしろ何をすればクレジットカード現金化が失敗するのかと思うでしょう。

クレジットカードと国際社会

ドル札を財布から取り出すクレジットカードは国外でも利用出来ます。国際ブランドであるVISAやMasterが使えるお店は国外にも多数ありますので、国内だけではなく、海外旅行の際にもクレジットカードを利用出来るのです。かつてクレジットカードが少々高級品とされていたのはそのためです。海外旅行の際、通貨が異なりますので両替しなければなりませんでした。両替は手間です。更には現金として持ち歩くことになりますので、治安の悪い国で現金を持ち歩くのは不安もるでしょう。ですがクレジットカード一枚あれば両替の必要もありません。最低限の現金だけで、基本的な買い物はクレジットカードに頼ることさえ可能なのです。むしろ国内での利用よりも海外で利用するケースが多い人も多いのです。海外旅行が好きなトラベラーや海外への出張が多いビジネスマンは海外でも使える点こそクレジットカードの最大の魅力となっているのです。ある意味、国際化社会に既に対応しているアイテムなのです。

現金化と資格の関係

クレジットカード現金化を行うに当たり、何か資格が必要になってくるのではないかと危惧している人も多いようですが、これに関しては特に不要です。そもそも、クレジットカード現金化はクレジットカードで商品を購入して売却するだけのものです。仮にクレジットカード現金化が資格の必要なものであれば、クレジットカードでの商品購入そのものに資格が必要なことになってしまいますので、資格など一切不要です。更にはクレジットカード現金化の経験も不要です。経験があった方が行いやすいのではと思っている人もいるかもしれませんし、コツがあるので経験がないとどうしてもクレジットカード現金化をスムーズに行えないのではないかと思っている人も多いようですが、決してそのようなことはありません。クレジットカード現金化は現金を出来る貴重な手法ではありますが、方法そのものはとても簡単で誰もが出来るもので、決して難しいものでも何かが必要なものでもないのです。

クレジットカードの隠されたメリット

クレジットカードには隠されたメリットがあります。それはクレジットカードを使えば使う程に「クレヒス」が貯まります。クレヒスとはクレジットカードヒストリーの略で、それまでクレジットカードをどのように利用してきたのかの履歴です。延滞や遅滞が一回もない人と、延滞や遅滞ばかりの人。未納がある。このような人とでは信販会社の印象が大きく異なりますし、更にはもしも次に金融機関を利用する際にはそのデータは当然相手先も把握しますので、審査に影響を及ぼすのです。クレヒスが良ければ相手は「経済力抜きに、必ず支払う信頼出来る人」という判断を下してくれるでしょう。ですがクレヒスが悪いと経済力があっても「未納や延滞を繰り返す、手間のかかるお客」になるので審査が厳しくなります。アメリカではクレヒスはとても大切とも言われていますが、クレヒスによって金融機関の印象は大きく異なりますので、クレジットカードはある程度使っておいた方が良いと言われているのです。